40代の婚活レッスン by ぽっきい

40代非モテ男女が恋愛ライフを手に入れるためには?ぽっきいがレッスンします

ネットで出会える場所【基礎知識編】

異性とネットで出会える場所は、2つ種類があります。

 

一つは、「出会い系サイト」と呼ばれるもの。

 

もう一つは、マッチングアプリと呼ばれているもの。

 

それぞれ説明していきますね。

 

出会い系サイト・・・

 

出会い系サイトと呼ばれるものは2000年ころから普及しはじめたサービスです。

1980年代から2000年頃までは、異性の出会いはテレクラやツーショットダイヤルなど電話を使った仕組みが主流でした。

 

1999年にDoCoMoが世界初の携帯電話IP接続サービスを始めガラケー専用のウェブサイトを閲覧できるようになると、男女の出会いをウェブ上で実現するサービスが普及してきます。

それが「出会い系サイト」の始まりです。

(出会いを媒介するウェブサイトは1995年にはあったとされていますが、サービスとして確立したのはiモード以降です)

 

この当時は規制法もなく、年齢確認も義務ではありませんでした。そのため、犯罪に利用されることも多くすぐに社会問題となっていきます。

詐欺サイトも横行し、この時代から「迷惑メール」という言葉も増えていきます。迷惑メールは詐欺の出会い系サイトに誘導し、利用料を搾取する目的で不特定多数の携帯電話に送信されていました。

そして売春の問題も起こりました。(当時流行した言葉で、援助交際と呼んでいました。出会い系サイト内の隠語で、「援」とか「わりきり」などと呼ばれていました。)売春客を募集するのは無職の若い女性、生活に困った主婦、客がつかない風俗嬢などが多く、掲示板を見るとそういう女性ばかりが目立つ地域が今もあります。

 

2009年に出会い系規制法が施行されると、免許証などでの年齢確認、事業者の公安委員会への届け出が義務化され、対応できないサイトは閉鎖していきました。それまで無料出会い系サイトとして有名だったスタービーチが閉鎖に追い込まれたのもこの時期です。年齢確認や売春などの犯罪行為をする会員を排除する対応が現実的に無理だったようです。

 

規制法の効果もあり、詐欺サイトは激減しましたが、無料の出会い系サイトもほぼ消滅しました。残ったのは2000年ころの最初期からサービスを提供している10社程度の老舗だけになりました。

その後、スマートフォンにも対応し、アプリ版も登場していきます。現在はSNS的な機能やブログ機能を追加していくなど出会いだけではない楽しみ方もできるようになっています。

 

特徴をまとめると

 

●匿名性が強い(利用者同士の匿名性という意味です)

●アダルト目的で利用しても不正ではない

●既婚者の登録も歓迎されている(プロフィールに選択肢がある)

●無料で利用できる日記機能で会員同士の交流ができる

掲示板があり積極的な意思を見せることができる

●端末を替えない限り、別人になって再登録することができない

●売春を持ちかけてくる人物が男女ともに一定数いる(通報することで排除される)

●料金は従量課金(単価は安いが使いすぎる場合あり)

●高学歴・高収入の人が少ない。社会的ステイタスが低めの人が多い。

●匿名性が強いため身バレする危険が少なく、地方で人気が高い

●男女比率は、男性の方が圧倒的に多い。(男性の競争が激しい)

 

かつてのイメージから出会い系サイトを毛嫌いする人も多いのですが、会員数は増加の一途です。

 

マッチングアプリ・・・

 

2010年代に入ると社会構造の変化から、出会いがない・結婚相手を見つけられないという男女が増えました。女性の高学歴化とキャリア志向、労働時間の増加などで出会いに費やす時間的な余裕がなくなったのが一つの原因です。同時に、プライベートでの人間関係が希薄になり、異性を紹介する行為を避ける人が増えたということもあります。

そこでウェブ上で恋人探しや婚活をするニードが次第に高まったのです。

しかし出会い系サイトには偏見もあったため、「恋活・婚活のまじめなサービス」というものが求められるようになりました。

 

そうして登場したのがマッチングアプリと呼ばれるものです。

 

多くはFacebookとの連携で登録するようになっているのが特徴です。日本では昔から出会い系サイトがあったものの、「海外ではネットで出会うのは一般的」というイメージを持ち込んで差別化を図ろうとしました。実際、海外のマッチングアプリもいくつか存在します。

こうして「出会い系サイトで恋人探しは恥ずかしい」というイメージを見事に覆しました。

マッチングアプリは出会い系サイトではないと思い込む人はとても多いですね。

 

特徴はこのようなものです。

 

●顔写真を載せることを強く推奨されている

●登録できるのは独身者(離婚含む)だけ

●料金は定額制(追加課金で機能を増やせる)

●プロフィールには職業など細かな情報を載せることができる

●出会い系サイトのように多機能ではない。日記や掲示板はない。

●出会い系サイトとイメージを差別化しているため、出会い系とは登録している層が大きく異なる。

●婚活を目的としているため、高学歴・高収入の人が多い。

●顔写真を載せることが前提であるため、狭い社会である地方では人気がやや弱い。

●パートナーが見つかると退会するのが常識とされる

●LINEのIDの搾取や売春などの犯罪行為をする人間も紛れている

 

基本的にはどちらも、「インターネット上で出会いを求めるサービス」に違いはありません。安易にイメージだけで判断し、トラブルに巻き込まれる人も少なくありません。

 

それぞれ利用者の層が若干違うだけという認識を持った方が安全です。

どちらにしても、「出会いを求めるサイト」です。

同じように危機管理をする必要はあります。トラブルが起きて警察に駆け込んでも、警察官はマッチングアプリも出会い系も区別して対応してくれません(笑)どちらも出会い系で、規制法の対象です。

 

 恋活・婚活とは言っても、危機感をもって利用することが大切です。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs

40代の男女は理想を追い求めることをやめるべき

未婚のまま40代になった男女の多くは、「理想」を高く持っています。

 

女性の場合は・・・

彼氏の年収、職業、社会的ステイタス、出身地、両親の職業。そんな理想のスペックだったり、

理想の交際の仕方、理想の彼氏の性格、理想のビジュアル、

15歳年下のかっこいい彼氏、

理想の結婚式、理想の新居、理想のライフスタイル、今の仕事を辞めて専業主婦、

挙げたらきりがないほどの理想で「型」が出来上がっています。

 

男性にしても同じです。

お互いに求める理想がてんこ盛りで。

 

結婚相談所でアドバイザーを務める女性と話をしたことがありますが、これは激しく同意でした。

23歳でも夢見ないような「理想の型」が固着していると。

というより、本人たちも23歳のときはそんな理想を型にしていなかったはずだと思います。

 

なぜ40代になって、幼いとも受け取れるような理想を強く持つようになるのでしょうか。

 

結婚相談所のアドバイザーが言うには、「20代の時の恋愛で喜怒哀楽を強く経験しなかったから」なのだそうです。

20代の時にどんな恋愛でもいいので、好き、苦しい、悲しい、嬉しい、腹が立つ、安心する、反省する、許す、別れ、後悔、そしてまた、好き。そういう感情のジェットコースターを経験しなかったと。

 

つまり、スペックや型だけではなく、もっと人間関係の中にある柔らかい部分に愛情をかける感受性が育たなかったということです。

 

残してしまった宿題を抱えて30代を仕事に追われて走ってしまい、40代で婚活をするときに、まったくリアルさのない理想と型を追求しようとする。

その理想のスペックを叶えることが幸せだと思い込んでしまう。

 

夫は15歳年下で、上場企業に勤めていて、学歴はエリートで、年収は1500万円で、親は資産があって、こどもをふたり作って、専業主婦になって、車は最低でもベンツのEクラスで、できたらポルシェのパナメーラで、海外旅行に年に二回は行って、Instagramを華々しく飾り、子育てが落ち着いたら小さなカフェを開きたい。

もちろんその理想が叶わないとは言わないけれど、現実は違うということを本人に理解させなきゃ始まらない。

 

その理想の彼氏が求めるのは、48歳のあなたではないということ。そんな男性は結婚相談所にも、マッチングアプリにも一人もいないんだということ。

そうアドバイザーが言います。

 

スペックを求める婚活は必ず失敗に終わります。

なぜなら、20代に時に落第した恋愛の追試にまだ合格していないからです。

でもいまさら20代に戻ることはできません。だから今そこにあるささやかな恋愛を大切に育てながら、追試を受けていくのが大切なんです。

 

もう子供は産めないかもしれないけど、夫の収入は低くて自分も働くのだけど、Instagramに飾る写真なんか一枚も撮れないけれど、でも幸せはあるんだってことを理解するような生き方を夫婦で作っていくこと。

夫はハゲでチビの同世代のおじさんかもしれない。でもあなたのことを好きだと言ってくれて、大切にしてくれるのであれば、それを受け入れるべき。

 

そのとき、あなたはきっと人間としても成長していることと思います。

 

恋活、婚活では、40代は男女ともに必要な考え方だと思います。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs

人が集まる場所に行く

出会いの基本はまず、「人が集まる場所に行く」ということです。

 

と聞くと、物怖じをする人がたくさんいると思います。

 

人が集まる場所に行くと聞いただけで、劣等感がわき上がってくる人、多いですよね?

 

怖い・・・と。

 

それは、自分から積極的に友達作りが出来なかった学生時代を思い出すからかもしれません。

知り合いが誰もいない学校に進学や転校をして、一人でお昼を食べたり、一人で帰ったりで辛い思いをした記憶が蘇るからかもしれません。

または社会人になってからも、職場の飲み会に参加してもコミュニケーションを自分で発することが出来ず、居心地の悪さを感じたり、さらには飲み会は不要だと大げさなことをネットに書き込んでイキってみたり。

いずれにしても劣等感が刺激されてしまうからです。

人がいる場所と聞いただけで、キラキラなコミュニケーション強者が集うエネルギッシュな場所をイメージしていませんか。

 

つまり、内気で引っ込み思案で惨めな思いをした過去を思い出すからですよね。

だから人が集まる場所に行くと聞くだけで、あ~だめだ~ってなるのでしょう。

 

ですが、はっきり言います。

すぐに逃げないで、立ち止まって考えましょう。

 

ロジカルによーく見つめてみましょう。

 

人が集まる場所に行くのが絶対条件だとしたら、それはキラキラな場所に行くだけではありません。もちろん。

 

あくまでも、人が、集まる、場所に、行く、だけなのです。

 

人が集まる場所に行きましょうというだけなんです。まずは。キラキラとか関係ありません。

 

コミュニケーション能力に自信がなかったり、

人が集まるグループや場所を知らなかったり、

極端に田舎に住んでいる場合、人が集まる場所はどこかないかと考えてみた時、答えは一つだけです。

 

そう、インターネットの中です。

 

ネットと聞くと、すぐに出会い系サイト?と連想した人もやはり思考力に錆びつきが見られますね(笑)

 

インターネットの中と言ったら、インターネットの中なんです。

 

どこかのサイト、じゃないんです。それは一つの場所に過ぎません。

インターネットの空間という全体をイメージします。

 

インターネット上に人が集う場所はいくつか種類があります。

検索サイト、ブログ、掲示板、SNS、出会い系サイト、マッチングアプリソーシャルゲーム、ホームページ、メッセージアプリ、など挙げていくときりがありません。

 

インターネット上で人が集まる場所をピックアップしたら、そこに行くだけ。

 

全部の場所に行くことは出来ません。

自分が活躍できそうな場所を選ぶ作業が次にあります。

 

そして、その場所が決まったら

「自分という存在を認知してもらう」

「自分という存在に興味を持ってもらう」

ことが出来れば、出会いのプロセスに流れていくことが出来ます。

 

その方法について戦略を立てていくのが次の段階です。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs

「出会うきっかけ」を深く考えてみる

出会えていない人が、出会うことについて圧倒的に知識が不足しているのが、

出会うきっかけとは何か?という部分。

 

即答できますか?

 

男女が恋愛を前提として出会うってどういうプロセスですか?と質問されて、即答できますか?

 

出会えない人はこう考えがち。

 

「優しい友達が彼女(彼氏)の候補者を紹介してくれるんだろう」

「彼女(彼氏)候補者の素性・出自について、紹介者が一定のフィルターにかけてくれているから安全なんだろう」

「ある日、奇跡の出会いがあって、瞬時に恋に落ちてしまうんだろう」

「付き合ってくださいと突然告白されて、それを受けて付き合うんだろう」

 

すべて主体性ゼロですね(笑)

 

これが出会いのプロセスだと思い込んでいるようでは、一生無理だと思います。

 

出会いのプロセスというのは、

 

①この地球上に、ただ人が大勢いる

 

②自分が恋愛をしたいと願望を持つ

 

③あるいは、恋愛をしたいと願望を持つ人の近くにいる

 

④大勢の人が集まる場所に行く、集まる場所に属する

 

⑤自分が恋愛を目的としたコミュニケーションを発する

 

⑥あるいは、誰かが恋愛を目的としたコミュニケーションを発する

 

⑦マッチングし、個別のコミュニケーションが展開される

 

⑧「恋人」という概念とルールが共有されているのを確認する

 

⑨「交際する」

 

これが出会いのプロセスです。

 

ここには奇跡も存在しないし、他律的、受動的なラッキーも存在しません。

 

ごく簡単に言うと、「自らの意思で、人が集まるところに行くこと」です。

 

人が集まるところってどこでしょうか?

 

若い子であれば、合コンもあるし、もっとカジュアルに友達同士の飲み会もあります。

 

趣味のサークルというのもあります。

 

ボランティアなどの社会活動的なグループもあります。

 

仕事というのも一応、人が集まるところと言えるかもしれません。

 

あとはもっと目的をはっきりさせて、

 

結婚相談所、マッチングアプリ、出会い系サイトもあります。

 

ちょっと規約違反になりますが、SNSもあるかもしれません。

 

出会うきっかけとは、人が集まるところで自発的に行動を起こすこと。

それ以上のものはありません。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs

 

出会いがないというのはどういうことか?

恋人がほしいとか、結婚したいとか思ったときに、決まって言う言葉が、

「出会いがない」というもの。

 

出会いがない。なるほど。出会うきっかけがないということなんだね。

 

でもこれ、出会えている人が絶対に言わない言葉でもある。

 

出会えていない人が「出会いがない」と言う時、よく注意しなきゃならないんだよ。もっともらしい言葉に聞こえて、実は全く意味がない言葉だから。

 

異性(あるいは同性)と出会えている人と、出会えていない人とでは、まずマインドが違ってる。

出会えていない人は、

「自分の努力を使わずして恋愛対象が次々に目の前に現れる環境」のことを「出会いがある」と思い込んでいる。

 

出会えている人は、そんなこと考えたことがない。だって出会いとは「自律的に行動して恋愛を引き寄せること」なんだから。

 

だから厳しいことを言うと、「出会いがない」=「出会おうとしていない」というだけのこと。

 

出会えていない人、出会いがないと言う人は、例外なく主体性が乏しい性格をしている。誰かが何とかしてくれたり、運命がなんとかしてくれたり、環境がなんとかしてくれたりするのを、努力もなく待っている。

 

それでは一生無理なわけです。

 

そしてしまいには、縁がなかったとまで言い放つ。どこまでも主体性がない。

 

出会いがないという言葉は今後は禁止。

 

無意味な言葉は使わないこと。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs

はじめまして。ぽっきいです

はじめまして。ぽっきいです。

 

はじめましての方も多いと思うので、自己紹介します。

 

ぽっきいです。

1971年生まれ、現在47歳です。函館で生まれ、会社員を経て10代から夜の世界で働いていました。毎日楽しく生きてる男です。

ぽっきいと言う名前は当時働いていたお店のオカマのお姉さんにつけてもらったものです。女よりも女らしく、男よりも男らしいお姉さんたちにもみくちゃにされて10代を過ごしました。

いま、多くの人から愛されるのが得意なのは、この時代に鍛えられたおかげです。

それから紆余曲折を経て、今は東京と青森の八戸市を往復しながら仕事をする小さな会社の経営者です。多くの友達、仲間に支えられて生きてるって感じですね。

 

10年以上前からその「ぽっきい」名義でいろんな場所でブログを書いてきました。主に俺の女性との出会いを実況してきたのですが、それを面白がってくれる方が男女ともに多く、今はTwitterでも発信しています。

 

いままで一万人を超える女性と出会ってきました。一時期は毎日新規の女性とお会いするというノルマを自分に課していたこともあります。それは1000日連続を2回達成させました。もちろんそんなことくだらないと思う方も多くいらっしゃるでしょう。たくさん会ってどうするの?と。

でもその出会いを通じて、女性と親友となって10年以上のお付き合いになっている方も大勢います。自分が普段出会わないような人と出会い、普段知るはずもないことを知れたりして自分に刺激がすごくありました。ほぼすべての職種の女性と出会ったかもしれません。

その活動は、俺に大きな気づきを与えてくれました。人との付き合い方、人へのリスペクト、生き方、考え方、感受性。

そしてその出会うノウハウは、再現性が可能だということにも気づきました。

 

ここ数年、出会いが少ないというか全くない40代の男性に、出会い方を指南するような情報を発信しています。

ぽっきいのノウハウを実行して本当に出会った方も多くて、俺も自信持ちました(笑)

もちろんアドバイスは無料でやっています。有料ブログやセミナーなんていうせこいことはしません。ノウハウは惜しみなくブログで公開しています。全部無料です。お金は出会いのために使ってください。

そこで、あらためて出会い方をアドバイスするブログを作ることにしました。

題して、「40代の婚活レッスンbyぽっきい」です。

 

このブログは、男性だけではなく、女性にもお役に立てるように書いていきます。

 

恋愛がない人生はつまらないですよね。

美味しいものを食べた時に、あの店美味しいよって教えてあげたり、今度一緒に行こうよって誘える恋人がいる生活は本当に楽しいものです。

でも現実はどうでしょうか。特に40代になって独身でいると出会いはめっきり減り、友達は子育てで忙しく会うことも稀になってしまいます。おひとりさまで行動することが増えますよね。旅行も、食事も、買い物も、いつもひとりぼっち。

20代の時よりお金もあるし社会経験も積んでいるけど、それが逆に災いして、男は頑固だと思われたり女は可愛げがないと思われたり。

恋愛にはどんどん遠くなっていくのが現実です。

40代で結婚していない人、恋人がいない人は、「なぜ相手を作らないの?」っていう無神経な言葉を浴びます。

作らないのではなく、作れないんだって言えないですよね。

おひとりさまで遊んでいたってそんな楽しくもないけど、「恋人もいない惨めなひと」って思われたくなくてこれ見よがしな贅沢な暮らしをするようになったりします。だから余計、独身貴族なんて言われ方もして悪循環なんですよね。

 

でも40代で恋人を作るって簡単じゃないでしょ?ってみんな思ってます。

確かに簡単ではないです。

若い頃は、見た目が良くて、おしゃれで、車があって、人懐っこい人は男女ともにたくさん出会いがあるものです。でも40代は見た目も老けているし体力はなく、意欲や気力も落ちたりしています。出会う場所も無くなってきますね。同世代に独身の人も少なくなっています。

 

じゃあどうする?って話になるんですが、そこからがこのブログがお役に立てるところです。

 

ぜひこのブログを読んで、恋活・婚活にいかしてくださいね。

 

繰り返しますが、ブログの情報はすべて無料です。

 

このブログでは、ぽっきいが使ってみて結果を出せたマッチングアプリをご紹介しています。その広告収入がこのブログの運営費になっています。

 

読者さんからぽっきいに支払う料金などは一切ありません。

有料のブログや、有料のセミナー、情報商材の販売などは一切行っていません。

お金は出会いのために使ってください。男性はマッチングアプリでも多少課金が必要ですし、何よりデートにお金がかかると思います。

 

もしこのブログが気に入っていただいたら、SNSで拡散していただければ嬉しいです。

 

 このブログは、最初から読むのがお勧めですが、記事カテゴリーごとに最初から読んでみると分かりやすくなっています。

記事カテゴリーは、スマホで閲覧している人は一番下の方にあります。PCの方は右側にありますよ。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs