40代の婚活レッスン by ぽっきい

40代非モテ男女が恋愛ライフを手に入れるためには?ぽっきいがレッスンします

人が集まる場所に行く

出会いの基本はまず、「人が集まる場所に行く」ということです。

 

と聞くと、物怖じをする人がたくさんいると思います。

 

人が集まる場所に行くと聞いただけで、劣等感がわき上がってくる人、多いですよね?

 

怖い・・・と。

 

それは、自分から積極的に友達作りが出来なかった学生時代を思い出すからかもしれません。

知り合いが誰もいない学校に進学や転校をして、一人でお昼を食べたり、一人で帰ったりで辛い思いをした記憶が蘇るからかもしれません。

または社会人になってからも、職場の飲み会に参加してもコミュニケーションを自分で発することが出来ず、居心地の悪さを感じたり、さらには飲み会は不要だと大げさなことをネットに書き込んでイキってみたり。

いずれにしても劣等感が刺激されてしまうからです。

人がいる場所と聞いただけで、キラキラなコミュニケーション強者が集うエネルギッシュな場所をイメージしていませんか。

 

つまり、内気で引っ込み思案で惨めな思いをした過去を思い出すからですよね。

だから人が集まる場所に行くと聞くだけで、あ~だめだ~ってなるのでしょう。

 

ですが、はっきり言います。

すぐに逃げないで、立ち止まって考えましょう。

 

ロジカルによーく見つめてみましょう。

 

人が集まる場所に行くのが絶対条件だとしたら、それはキラキラな場所に行くだけではありません。もちろん。

 

あくまでも、人が、集まる、場所に、行く、だけなのです。

 

人が集まる場所に行きましょうというだけなんです。まずは。キラキラとか関係ありません。

 

コミュニケーション能力に自信がなかったり、

人が集まるグループや場所を知らなかったり、

極端に田舎に住んでいる場合、人が集まる場所はどこかないかと考えてみた時、答えは一つだけです。

 

そう、インターネットの中です。

 

ネットと聞くと、すぐに出会い系サイト?と連想した人もやはり思考力に錆びつきが見られますね(笑)

 

インターネットの中と言ったら、インターネットの中なんです。

 

どこかのサイト、じゃないんです。それは一つの場所に過ぎません。

インターネットの空間という全体をイメージします。

 

インターネット上に人が集う場所はいくつか種類があります。

検索サイト、ブログ、掲示板、SNS、出会い系サイト、マッチングアプリソーシャルゲーム、ホームページ、メッセージアプリ、など挙げていくときりがありません。

 

インターネット上で人が集まる場所をピックアップしたら、そこに行くだけ。

 

全部の場所に行くことは出来ません。

自分が活躍できそうな場所を選ぶ作業が次にあります。

 

そして、その場所が決まったら

「自分という存在を認知してもらう」

「自分という存在に興味を持ってもらう」

ことが出来れば、出会いのプロセスに流れていくことが出来ます。

 

その方法について戦略を立てていくのが次の段階です。

 

安全なマッチングアプリは→Pairs